腫瘍性疾患を中心とした細胞診標本の評価・診断の進め方

近年、わんちゃん、ねこちゃんが長生きになってきています。それにつれて腫瘍の症例が急増しています。今回できものができたときにそれがいいものか悪いものか判断するための細胞診の見方について勉強してきました。細胞診は細い針をできものにさしてその針にはいってきた細胞をみるものですが、細い針を刺すだけなので体に対する負担がほとんどないというとてもいい検査法です。飼主様が気づきやすい皮膚にできたできものなどは見かけで大丈夫そうでも悪性のばあいもありますし、悪そうでも良性の場合もあります。なにかできものに気づかれたときは出来るだけ早めに受診されて下さい。