動物病院の数

2011年の小動物病院(獣医療分野では、犬や猫などを小動物、牛や馬などを大動物と呼びます)の数は、10,551で、2007年の9,836から7%増加しています。
大動物診療施設は、2007年の3,936から2011年の3,966とほとんど変わりがありません。

昔から動物病院の数は年々増加していますが、いつになったら減少に変わるのでしょうか。今年か来年あたりが怪しいと思うのですが・・・

それと、獣医師数が10人以上の大規模病院も2007年の90から、2011年の138へと大幅に増えています。やはり、これからの動物病院は、小規模、大規模の両極端に分かれていくのでしょうか。