再発性上皮びらん症

再発性上皮びらん症とは角膜上皮の治癒過程の異常により起こる、治りにくい角膜疾患の1つです。

中年齢以降のイヌで1~2週間以上角膜上皮びらんの治療を行っていても改善がみられない場合、本疾患を疑います。また別名ボクサー潰瘍などとも呼ばれボクサーをはじめコーギーやフレンチブルドッグなど遺伝的要因が確認されている犬種もいます。

治療法としては剥離し、遊離した角膜上皮の切除(デブリードマン)を行います。治癒過程を診ながら何度かデブリードマンを行っていきます。それでも反応が悪い場合は細い針を用いて、あえて角膜を傷つける格子状切開を行います。

デブリードマンにより角膜上皮は再生し、治癒することがほとんどです。しかし再発をする場合もあるので十分に注意が必要となってくるでしょう。