最近よくみかける「胆泥症・胆嚢粘液嚢腫」

胆嚢とは肝臓で作られる胆汁(食物の脂肪分解を助ける)を貯めておくところで、胆汁は液体状態が正常です。胆泥症・胆嚢粘液嚢腫とは、その胆汁が泥状やゼリー状に変化してしまう病気です。

たいていの場合、無症状の事が多いので健康診断や別の病気のための検査で見つかることが多いです。この泥状・ゼリー状の胆汁が、胆汁の通り道(総胆管)で詰まってしまうと大問題に・・・

食欲不振・元気消失・黄疸などの症状があらわれたり、場合によっては破裂してしまうこともあります。症状が重篤な場合や破裂してしまったときは、外科的な治療が必要となりますが無症状の場合は内科的な治療となります。
中高齢の犬ちゃんに多いので、健康診断ついでに胆嚢・胆汁が今どんな状態が確認してみるのも良いかもしれません。